フリーターが就職活動する際に大切なこと

まずはじめに、髪を切ろう。茶髪なら黒髪に染めて、髪を整える。形から入るのはわりと大切だ。朝、鏡を見て「やるぞ!」という気持ちになるかならないかで大きくモチベーションが変わってくる。

今までもきちんと社会人然とした身嗜みであった諸君もいるであろうが、気持ちを切り替えるためにここで一度髪を切ることをおすすめする。

そこからスーツを買うなりなんなり社会人になるにあたって必要となるものを揃えれば良い。髪を整えスーツを着て、さっそく証明写真を撮ろう。証明写真は近くの写真屋で2000円ちょっとで撮れるはずなので、こちらをおすすめする。そこらへんにあるあの例の機械で撮ってはいけない。写真屋なら店員さんに何度も撮り直してもらえるぞ。ベストショットを決めてこい。バイトは辞めたか?辞めていなければシフトを減らそう。

なるべく予定を入れずに体を動きやすくしておくのは非常に大切だ。どんな理由でフリーターを卒業し就職することを決めたのかは人それぞれであるが、おそらくそういった人生での大きな変更は非常にエネルギーを使う。肉体的にも精神的にもどちらもだ。

ここでひとつ実用的なアドバイスを。Yahoo!メールなりGmailなり就職活動用のメールアドレスをひとつふたつ持っておこう。マイナビ、リクナビその他にも様々な転職サイトや就職サイトかまあるが、複数登録する場合メールボックスがごちゃごちゃにならずに済む。自分はここでめんどくさくなったので。ちなみに、おすすめのサイトは一概には言えないが、それぞれサイトごとに特色がかなりあるので自分の使いやすいものを選ぶなり、自分の進みたい職種の募集が多いなと感じるものを使っていくのが良い。

もちろん就職の方向は決めてあるな?決めてない?大丈夫だ、問題ない。決めてないやつはハローワークに行ってみよう。一人でいろいろ調べるのはなかなかにしんどい。焦りもある中で正しい決断を下すのはどんな賢者でも難しいはずだ。ぼんやりとでも進みたい業界・職種が思い浮かんでいてもなるべくならハロワに行こう。大丈夫、ハロワは恐くない。最後に必要なものは、覚悟だ。今までフリーターとして頑張ってきた諸君はきっと大丈夫だと信じているが、やはり心が折れそうになる瞬間というものは確実にある。

だが、フリーターを卒業して就職をしようと決心した理由を忘れてはいけない。とはいえ、不安は多いだろう。しかし、失敗してもそのときのことはそのときに考えれば良いのだ。まずは挑戦あるのみ。ときには大きく出ることも大切だ。人生の転換期を自ら迎えようとする諸君らのその姿勢は賞賛に値する。頑張れ!これからの貴方達の人生に幸あらんことを。

フリーターがバイトを辞めて就職するために必要な準備④

就職するために必要な準備としては、大きく3つあります。1つは、これまで就職せずにバイトをしていた理由や、バイトをしていたからこそ得られた経験についてを頭の中で整理することです。

アルバイトという立場であっても、何かしらの企業や団体に属していたことは間違いありません。その企業や団体に身を置き、アルバイトという立場から客観的にその企業のマーケティング戦略や人材教育などについて学ぶことができたかどうか、それをしっかりと自分の頭で整理ができていれば、どこの企業でも通用すると思います。

アルバイトだからと言って、自分に劣等感を持ったり、自信を失ったりする必要は全くありません。実際に、企業はアルバイトやパート雇用などの人材を起用して、経営を成立させている会社がほとんどです。一方で、アルバイト視点の考え方やニーズ、働き方などまで考えることのできる社員は案外少ないものです。そんなときに、アルバイト経験のある人の言葉は説得力もありますし、人望の厚い人になれるでしょう。

自分が今までやってきたことから、経験と学びを見つけ出すことを心がけてください。2つ目は、精神的な覚悟についてです。就職するということは、安定した職につき、不運なことがなければある程度の人生は保障されています。しかし、一方で会社に属するということは、会社の命は絶対であるということでもあります。アルバイトのときは、「それはできません」と言えることが多かったのではないかと思います。

シフトで入れない日は入れないと言うことができ、業務外のことは社員に任すことができます。ある意味責任が社員に比べると少ないポジションになります。だからこそ、自由が効きます。しかし、就職をすると、なかなかそういうわけにはいきません。業種にもよりますが、自分が犠牲にならないといけないことがあったり、またそこで金銭的な対価がついてこなかったり、人事異動などで親や家族と遠く離れた地に行くことになっても、NOとは言えないのです。安定した職につくことと引き換えに、自分の自由も今までのようには効かなくなるという覚悟を持ってください。

3つ目は、しっかりと企業について調べましょう。目先の給料で、就職を決めてしまうかもしれません。しかし、賞与がなかったり、昇給の制度がなかったり、福利厚生があまり良くない会社かもしれません。募集要項など、聞いたことのない難しい言葉が並んでいたりして、見落としてしまいがちな点ですが、わからないことは両親や周りの友人に聞いたり、ネットで調べるなどして、理解した上で就職先を決めましょう。知っていると知っていないでは大きく違ってきます。自分の人生なので、そこの努力は惜しまないでください。

フリーターがバイトを辞めて就職するために必要な準備③

今までフリーターとして働いていたけれど、就職活動をいざしようとすると、何から始めたらよいか悩んでしまいますよね。今回は、フリーターから就職活動をするための事前の準備についてお話ししたいと思います。・目標を明確にする 改めて、自分がなぜフリーターを辞めて就職することを決めたのか、自分自身の中で整理しましょう。

将来のために安定した仕事について貯金をしたい、社会的に信用のある人材になりたいなど理由は人それぞれでしょう。その理由を明確にし、具体的に目標を決めていきます。いつまでには就職する!など期間も具体的に決めるとだらだらせずに集中して就職活動を進めていくことができます。・自己分析をする 自分の性格や得意分野などから、どのような仕事に向いているのかを考えていきます。何も考えずに就職しても、後から自分のやりたいことと違うとか向いていなかったとなって辞めてしまっては意味がありませんよね。

給料や労働時間などの好条件のところに目が向きがちになるかもしれませんが、その企業が果たして自分に合っているかどうかよく考えながら、検討するようにしましょう。・業界や企業について調べる 受けたい企業が自分に合うものかどうか、その企業や業界などの分野について詳しく調べていきます。企業から調べるのもよいですが、その企業を含む業界についての知識を深めていきましょう。業界の特徴やサービスの種類、今後の発展性などを知ることによって、より自分に合った企業を絞り込むことができるでしょう。

次に企業について調べていきます。あとから、自分がやりたいことと違ったとか自分に合わないなどといったことが起こらないよう丁寧に調べていきます。また、調べたことはのちに行う面接や履歴書を書くときにも大いに役立つはずです。企業に関しては、企業理念や企業がどんな人材を求めているのか、どのようなサービスを展開しているのか、会社が描いている目標やビジョンについて研究していきます。以上のことをよく自分の中で整理し理解しておくと、より質の高い自己PRにつながります。まとめ フリーターが就職する際の準備についてお話ししましたがいかがだったでしょうか。新卒者に関する就職活動支援は様々なところで行われていますが、フリーターに関する就職活動支援はまだまだ少ないのが現状だといえるでしょう。

そのためある程度事前に自分自身で準備をしていかなければなりません。自分について知り、企業についてより深く知ることで、効率的な準備を進めていくことができるでしょう。

ちなみに面接で外見はかなり重要です。

清潔感を出すためにも、頭が薄い人は育毛剤を利用しましょう。

フリーターが就職活動する際に大事なこと②

就職サイトに登録フリーターがバイト生活にピリオドを打っていよいよ就職活動したいという場合、まずは就職サイトや転職サイトなどに登録する必要があります。

大学生などが使う就活サイトではなく、社会人向けの転職サイトであったり、フリーターの就職支援をしてくれるサイトもたくさんあるので、20代後半のまでの方であれば、就職することも十分可能です。ですが、いろんな就職サイトに登録をしてしっかりと面接対策をしてもらったり、自分の苦手分野の克服をすることも必要でしょう。フリーターが就職するのは正直そこまで簡単ではありません。特に30歳を超えるとかなりハードルが上がってしまうので、それまでにフリーターを卒業できないとますます就職するのが困難になります。

そこで、フリーターの就職支援サイトを上手に活用し、しっかりと対策をすることが重要です。

■職務経歴書をしっかりと書くフリーターだとバイトの面接の際に履歴書が必要ですが、バイトだと職務経歴書が必要なことはあまりありませんよね?履歴書をある程度埋めればバイトだと採用される可能性が高いです。しかし、就職となるとそう甘くはありません。たいていの場合、就職面接の際に職務経歴書が必要となり、これまでの実務経験やどういった会社で働いていたのかを見られるのです。そのこともあって、職務経歴書がしっかりと書けていないとかなり不利ですし、良い会社だと採用される可能性が限りなく低くなります。フリーター生活を長くしているとどうしても職務経歴書を書くのは難しいですし、どのような書けば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか?職務経歴書は正社員を経験したことがなくても良いので、できるだけ丁寧にこれまでの経験・ポジション・培ってきたことを記載してください。それができれば、職務経歴書も怖くないはずです。

■とにかく動き応募しまくるバイトを辞めていざ就職したくても、足が縮こまってしまってなかなか踏み出せないという人も少なくありません。やはり、バイトしかしたことがない人であれば、本当に就職できるのか不安でしょうし、面接でこれまでのことを聞かれるとどうしても沈黙してしまうこともあるでしょう。ですが、氷河期なら就職するのは困難ですが、そうでない場合は就職することは不可能ではないのです。フリーターであっても十分就職できますし、必死で何社も受けていれば必ずどこかは採用されます。そこで、とにかくハローワークを活用したり、就職サイトを見回って応募することが大事になるでしょう。必要なことは動くなことなので、新しいスーツを購入して前向きに行きましょう。気持ちの部分でも全然違うので、絶対就職できるという強い気持ちを持つことが大切です。・まとめ就職サイトに登録職務経歴書を丁寧に書くとにかくいろんな企業に応募し動くこれらのことをしっかりとできれば、フリーターを卒業し就職することができるはずです。

フリーターがバイトを辞めて就職するために必要な準備①

フリーターは気楽で良いことも沢山ありますが、やはりずっと続けていけるものではありません。

とはいえ、今までアルバイトで生活してきた人が急に就職しようと思い立っても、何をどうしたら良いのかよく分からないというのが現実ではないでしょうか。この記事では、就職するに当たってどんな準備をして、どんなことに気をつけたら良いのか簡潔に説明していきます。面接で何度も落とされて辛い思いをしたり、就職を焦るあまり変な企業に引っかかったりしないよう、一度しっかり学んでおきましょう。

始めに肝に銘じておかなければならないのは、アルバイトを探すのと就職はまったくの別物だということです。当たり前の話ですが、中にはバイト感覚のまま就活をしている人も散見されます。

それでは上手く行きません。本気で就職したいのであれば、まずはしっかり気持ちを入れ替えましょう。次にやることは、一冊で良いので、一般的な就職活動のやり方を詳しく書いてある本を読んでみることです。マニュアル通りに就活するのは嫌だと思う人もいるかも知れませんが、最低限のマナーやエチケットを守っておかないと、企業には相手にもされません。ちなみに一冊で良いというのは、どの本も大体書いてあることは似たり寄ったりだからです。もちろん読んでみたければ沢山読んでも構いませんが、知識だけを詰め込みすぎて頭でっかちにならないよう注意が必要です。

その次にやるべきことは、自分が就職したい業界を絞ることです。就職したいからと言って闇雲に応募しているだけでは、いくら何でも効率が悪すぎます。それに事前にしっかり調べておかないと、入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。それでも我慢できる程度ならまだマシですが、我慢できずに結局短期間で退社してもう一度始めからやり直しでは、悔やんでも悔やみきれません。業界について調べるには、東洋経済新報社が出している『就職四季報』という本に目を通した上で、さらにインターネットで検索するという方法がお勧めです。

『就職四季報』には様々な企業の採用情報だけではなく、給料の相場や残業時間なども詳しく書かれていますが、そこに一手間加えてネットで調べることで、実際にその業界で働いている人達の生の声を聞くことが出来ます。そうすることで業界の内実をイメージしやすくなり、入社後の戸惑いも減らせます。そこまで終えたら、次はいよいよ履歴書の準備です。言うまでもありませんが、自分を良く見せたいからといって嘘や誇張は厳禁です。企業の採用係を見くびってはいけません。そういう小細工は必ず露見します。もし正直に書いた履歴書を見て自信をなくすようだったら、その時は素直に応募する企業のランクを下げましょう。変に欲張って背伸びをするよりは、身の丈にあった企業を探した方が就活の成功率も高まりますし、入社後も無理なく働き続けることが出来ます。就活における最大の難関は、何と言っても面接です。企業によって色々な形式の面接方法があるので一筋縄ではいきませんが、ここでも大切なのは嘘や誇張を交えず、相手の目を見て誠実に受け答えすることです。

企業が最も注目するのは、結局のところ応募者の人間性なので、下手に見栄を張るとかえって逆効果です。最後になりましたが、一度や二度落ちたからといって決して諦めてはいけません。就職はそれだけ大変なのです。何度も繰り返し応募することで次第に慣れていきますし、面接での受け答えも上手くなっていきます。諦めずに努力し続けていれば、きっとあなたのことを高く評価してくれる企業と巡り会えるはずです。

ちなみに面接では外見はとても大事です。なぜなら健康管理も社会人としての一つの能力だからです。

もし健康管理に自信がないなら、メタバリアsで体重を減らして、自信を持って面接に臨みましょう。

メタバリア口コミを見る