フリーターが就職活動する際に大事なこと②

就職サイトに登録フリーターがバイト生活にピリオドを打っていよいよ就職活動したいという場合、まずは就職サイトや転職サイトなどに登録する必要があります。

大学生などが使う就活サイトではなく、社会人向けの転職サイトであったり、フリーターの就職支援をしてくれるサイトもたくさんあるので、20代後半のまでの方であれば、就職することも十分可能です。ですが、いろんな就職サイトに登録をしてしっかりと面接対策をしてもらったり、自分の苦手分野の克服をすることも必要でしょう。フリーターが就職するのは正直そこまで簡単ではありません。特に30歳を超えるとかなりハードルが上がってしまうので、それまでにフリーターを卒業できないとますます就職するのが困難になります。

そこで、フリーターの就職支援サイトを上手に活用し、しっかりと対策をすることが重要です。

■職務経歴書をしっかりと書くフリーターだとバイトの面接の際に履歴書が必要ですが、バイトだと職務経歴書が必要なことはあまりありませんよね?履歴書をある程度埋めればバイトだと採用される可能性が高いです。しかし、就職となるとそう甘くはありません。たいていの場合、就職面接の際に職務経歴書が必要となり、これまでの実務経験やどういった会社で働いていたのかを見られるのです。そのこともあって、職務経歴書がしっかりと書けていないとかなり不利ですし、良い会社だと採用される可能性が限りなく低くなります。フリーター生活を長くしているとどうしても職務経歴書を書くのは難しいですし、どのような書けば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか?職務経歴書は正社員を経験したことがなくても良いので、できるだけ丁寧にこれまでの経験・ポジション・培ってきたことを記載してください。それができれば、職務経歴書も怖くないはずです。

■とにかく動き応募しまくるバイトを辞めていざ就職したくても、足が縮こまってしまってなかなか踏み出せないという人も少なくありません。やはり、バイトしかしたことがない人であれば、本当に就職できるのか不安でしょうし、面接でこれまでのことを聞かれるとどうしても沈黙してしまうこともあるでしょう。ですが、氷河期なら就職するのは困難ですが、そうでない場合は就職することは不可能ではないのです。フリーターであっても十分就職できますし、必死で何社も受けていれば必ずどこかは採用されます。そこで、とにかくハローワークを活用したり、就職サイトを見回って応募することが大事になるでしょう。必要なことは動くなことなので、新しいスーツを購入して前向きに行きましょう。気持ちの部分でも全然違うので、絶対就職できるという強い気持ちを持つことが大切です。・まとめ就職サイトに登録職務経歴書を丁寧に書くとにかくいろんな企業に応募し動くこれらのことをしっかりとできれば、フリーターを卒業し就職することができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です