フリーターがバイトを辞めて就職するために必要な準備①

フリーターは気楽で良いことも沢山ありますが、やはりずっと続けていけるものではありません。

とはいえ、今までアルバイトで生活してきた人が急に就職しようと思い立っても、何をどうしたら良いのかよく分からないというのが現実ではないでしょうか。この記事では、就職するに当たってどんな準備をして、どんなことに気をつけたら良いのか簡潔に説明していきます。面接で何度も落とされて辛い思いをしたり、就職を焦るあまり変な企業に引っかかったりしないよう、一度しっかり学んでおきましょう。

始めに肝に銘じておかなければならないのは、アルバイトを探すのと就職はまったくの別物だということです。当たり前の話ですが、中にはバイト感覚のまま就活をしている人も散見されます。

それでは上手く行きません。本気で就職したいのであれば、まずはしっかり気持ちを入れ替えましょう。次にやることは、一冊で良いので、一般的な就職活動のやり方を詳しく書いてある本を読んでみることです。マニュアル通りに就活するのは嫌だと思う人もいるかも知れませんが、最低限のマナーやエチケットを守っておかないと、企業には相手にもされません。ちなみに一冊で良いというのは、どの本も大体書いてあることは似たり寄ったりだからです。もちろん読んでみたければ沢山読んでも構いませんが、知識だけを詰め込みすぎて頭でっかちにならないよう注意が必要です。

その次にやるべきことは、自分が就職したい業界を絞ることです。就職したいからと言って闇雲に応募しているだけでは、いくら何でも効率が悪すぎます。それに事前にしっかり調べておかないと、入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。それでも我慢できる程度ならまだマシですが、我慢できずに結局短期間で退社してもう一度始めからやり直しでは、悔やんでも悔やみきれません。業界について調べるには、東洋経済新報社が出している『就職四季報』という本に目を通した上で、さらにインターネットで検索するという方法がお勧めです。

『就職四季報』には様々な企業の採用情報だけではなく、給料の相場や残業時間なども詳しく書かれていますが、そこに一手間加えてネットで調べることで、実際にその業界で働いている人達の生の声を聞くことが出来ます。そうすることで業界の内実をイメージしやすくなり、入社後の戸惑いも減らせます。そこまで終えたら、次はいよいよ履歴書の準備です。言うまでもありませんが、自分を良く見せたいからといって嘘や誇張は厳禁です。企業の採用係を見くびってはいけません。そういう小細工は必ず露見します。もし正直に書いた履歴書を見て自信をなくすようだったら、その時は素直に応募する企業のランクを下げましょう。変に欲張って背伸びをするよりは、身の丈にあった企業を探した方が就活の成功率も高まりますし、入社後も無理なく働き続けることが出来ます。就活における最大の難関は、何と言っても面接です。企業によって色々な形式の面接方法があるので一筋縄ではいきませんが、ここでも大切なのは嘘や誇張を交えず、相手の目を見て誠実に受け答えすることです。

企業が最も注目するのは、結局のところ応募者の人間性なので、下手に見栄を張るとかえって逆効果です。最後になりましたが、一度や二度落ちたからといって決して諦めてはいけません。就職はそれだけ大変なのです。何度も繰り返し応募することで次第に慣れていきますし、面接での受け答えも上手くなっていきます。諦めずに努力し続けていれば、きっとあなたのことを高く評価してくれる企業と巡り会えるはずです。

ちなみに面接では外見はとても大事です。なぜなら健康管理も社会人としての一つの能力だからです。

もし健康管理に自信がないなら、メタバリアsで体重を減らして、自信を持って面接に臨みましょう。

メタバリア口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です